喜ばれる二次会

結婚式は新郎新婦にとって一生に一度の晴れ舞台です。
緊張した一日を過ごした中で、多くの参列者にお祝いの言葉をもらっています。
そして一日の最後のお祝いの場が二次会になります。
二次会は新郎新婦にとって一番気兼ねなく会う事ができる大事な関係者だと言えます。
本来なら結婚式に出席してもらいたかった人や一日結婚式から参列してくれた親友まで、多くの人が最後に二人の結婚を祝ってくれる場です。

二次会は結婚式前から新郎新婦と二人が依頼した幹事と一緒に計画を立てていきます。
事前陣が8割当日2割ぐらいで準備を行うとスムーズに当日を迎える事ができます。
新郎新婦にとっても二次会の幹事は信頼できる友人の一人に間違いありません。
今日という日を迎えるまで一緒に準備をしてきた二次会も参加さする全員が良かったと言ってもらえる時間にしたいと思うでしょう。

二次会は約2時間を目安にタイムスケジュールを組んでいきます。
会場を貸し切りの状態にする為、お店の人と時間の打ち合わせは料理の提供なども含めてしっかり話し合わなければいけません。
一番大事なことは新郎新婦がどのような二次会にしたいのか把握する事です。
披露宴のようなプチパーティーにするのか、歓談の時間を多く設定し、参加者全員でゲームを行うなどアットホームな雰囲気にしたいかで内容や演出も大きく異なります。
当日の負担が少なくなるように事前準備を段取りよく進めて、喜んでもらえるような二次会を計画していきましょう。



《Recommend Site》
ゴルフコンペ景品 ⇒⇒⇒ ゴルフコンペ景品や結婚式の二次会景品を提案している景品の通販サイトです。